お客様の夢を叶えるお手伝い!!

お客様の夢を叶えるお手伝い!!

ちょうど1年程前、ご乗車されたお客様が車中の会話の中で
「私ね、北海道の厚岸町に群生している厚岸(あっけし)草を見るのが夢なの。
この花は絶滅危惧種レベル1でね、北海道にしか自生していないと思われていたらね、
なんとなんと岡山県の寄島町の干拓地に自生しているのが見つかって、
今は守る会もできているんですって。
ただ一番綺麗な時期は10月中旬だから今年はもう無理なのよ…。」と言われました。
私自身4年位前までは寄島町はよく行っていたので、
「寄島町の干拓地なら場所はわかりますが…?」と言うと
「ほんと!!じゃあ来年の10月に連れて行って!!手帳に書いておくわ。」
と大変喜んでくれました。

その後も時々ご乗車頂く度に「10月ね、楽しみにしているから。」と言われ、
本当に今年の  10月24日  に行って来ました。
当日は生憎の雨…でもこの日のために随分前から体調を整えられ、ここ10日間位は決して無理はしなかったとの事。
とにかく体調管理を一番に考えられ、一緒に付き添って下さる方も手配されていました。というのも、お客様は持病をお持ちで寄島町往復3時間弱の行程も厳しいかも…。ご自分で3種類のクッションを使って楽な姿勢を保持されつつの旅でした。

現地で駐車場から群生地まで200M位歩かなければなりませんでしたが、それはとても無理なので、守る会の方にお願いして近くまで車を入れさせて頂きました。
雨の中、やっと念願の厚岸草の花を見る事ができ、大感激でした。
群生している厚岸草の向こうの川の中には水鳥の群れ。
車の音も無く、雨と風と鳥の声。
後は訪れる人にボランティアで説明して下さる守る会の方の声だけが聞こえる静寂の世界でした。

「以前は葦の生い茂る湿地帯だった。たまたまアマチュア写真家の方が湿地帯の中に珍しい赤い花のような物が咲いているのを発見。厚岸草という本州では咲いていない花だとわかり、守る会を作りました。葦を刈りきちんと手入れをしてやらないといけないので管理と維持が大変。北海道の物とはDNAが違い、韓国の物と同じDNAとわかりこれもまた不思議な話です。」と守る会の方。この方もうすぐ90歳と聞いてまたまたびっくり!「3年越しで想ってきた夢が叶い、おまけに90歳でもこんなにお元気な方からお話を聞く事ができて、本当に幸せ!元気を貰いました。」とお客様は大感激。

帰りの車の中で、「タクシーを使ってこんな事をするのは贅沢だと言われるかも知れないけど、北海道に行った事を思えば安いものですから。それに今の私の状態では北海道なんてとても無理。でもね色々な事をできないと諦めるのではなく、今の自分の現状を考えて納得するようにしてるのよ。

今日は雨で良かったかも知れませんね。少しもやがかかった中に群生地見えて、とてもよかった!
90歳であんなにお元気な方にもお会いできたし。連れて来てくれて本当に有難う!!」と、
とても感謝して下さいました。

とにかく焦らずゆっくりと安全運転で無事に運行できました。
お客様にこんなに喜んで頂き、夢を叶えるお手伝いが出来た事が本当に嬉しく、
グレースタクシーのおもてなしスタッフでよかったと心から想いました。

「夢は叶わないのではなく、諦めるから叶わなくなるのだ。」